注目の海外不動産投資

日本がいわゆる『高度経済成長』に入ったのは、今からもう50年以上前のことになります。
人々は”三種の神器”なるものなど、たくさんものを買い、たくさんお金をつかい、経済が潤いました。
新しい技術に関する発展が著しく進み、現代への礎となる革新が行われました。
多くの人が労働で汗し、そのおかげで雇用のあり方などが確立されました。
その頃には、人と”もの”のあいだで多くの『投資』が行われました。
投資というのは、発展する見込みがあり、利益を上げると予想される対象にお金を提供することです。
この頃から比べると、今回このサイトで取り上げる『不動産投資』の見込みは大幅に落ちました。

経済発展があったのは、ちょうど日本がオリンピックを開く頃でした。
そして2020年、東京でのオリンピックをきっかけに、新たな経済成長が見込めますが、そこで期待されているのが、日本への『不動産投資』です。
そもそも海外不動産投資とは、日本の不動産会社や投資家が、海外の土地や建物などの不動産を購入することです。
利益を見込める不動産に対して投資を行うことが肝要で、もちろん利益の見込めない、または建物などの修繕費等が莫大に掛かると予想されるものに関しては、投資を行っても収益は上げられません。
では、現代なぜ日本の企業や投資家は、海外が日本に注目するのと同じように、海外の不動産に対して投資を行うことに積極的なのでしょうか。
このサイトでは、海外不動産投資のメリットとデメリットについて取り上げます。